りんごごりららっきょう

思っていること、昔の思い出

3番目の花子さん

私が小学生の頃

3番目の花子さんがブームだった。

 

私が小学生の2年生の時、校舎と校舎の間にトイレがあり私のクラスはトイレの目の前だった。

 

すっとん便所だった。

汲み取り式の。

きったない。

そして、ほんとに汚かった。

くさかった。

落ちたら死んじゃう。

いろんな意味で。

 

開かないトイレが何個もあった。

行きたくなかった。

いまでも、あのトイレは夢に出る。

怖かった。

 

そして、そのトイレは右からも左からも3番目のトイレが開かず、使えなくなっていた。

 

なん個、トイレあったか覚えていないが、花子さんがいるかもしれないと思うと隣のトイレも使いたくない。

だから、実質使えるトイレが少なく悩みのタネだった。

 

そのトイレは夏休みの期間から水洗トイレにリフォームされはじめたから実質4ヶ月くらいのお付き合いだったはずなのに今の私の夢に出てくるほど強烈な印象を残している。一生のお付き合いだ。

 

ある時

登校して授業が始まるまでの朝の時間に

そこのトイレの入り口に沢山の児童が集まっていた。

私は、なんだろう?と近づかず教室からその光景を見ていた。

 

トイレの前の児童が声を揃えて言う。

 

さんばんめーのはーなこさーん!

 

何度も言っていた記憶がある。

 

しばらくするとほんとに低〜いこの世のものとは思えない声で

 

はーい

 

と返事が聞こえた。

キャー!

とトイレの前の子供たちが散り散りに叫んだ。逃げた。

 

もう怖くて怖くて。リフォームが始まるまで一学期は怯えて過ごしていた。

トイレが見える窓側の席になってしまうと教室に居てもトイレが視界に入るのがいやたった。

空かないトイレの窓が怖い。花子さんがあそこからこっちをのぞいているのではないか。。。

怖くて授業なんか集中できない。

対策として

給食に使うお盆を窓側の棚に積んで干していたのだが

そのお盆を自分の席の近くに移動させ出来るだけ視界に入らないようにしていたのも思い出す。

 

あの声は何だったんだろう。

大人になっても不思議。

夢だったんじゃないだろうか?

そう思うほど声を、しっかり覚えているのだ。

 

母に最近になりその時と話をしてみた。

 

母は、

あんたがそうやって言ってたの覚えてるよ。

怯えとったよね。

と言った。

 

夢じゃなかったようだ。

 

あの記憶不思議。

 

 

きみはいい子

f:id:isogaba:20190215162042j:image

 この本、読みました。初めて読んだ作家さんでした。

あるベッドタウンでの様々な家族のことを書かれた短編集でした。

読みやすかった。

テーマは「虐待」でしょうか。

虐待を取り扱った作品はどれも暴力内容がえげつなく、そこばかりが注目されたり記憶に残ったりします。

内田春菊さんの「ファザーファッカー」は高校生の時に読みました。

そういうものと無縁の幸せな生活を送らせてもらった私は、小学生、中学生の女子がそういう性の対象として男性に見られてしまい生活を送る事があるのだということを知りとてもおびえました、ページをめくるたびに指先が震え読みたくないけど気になる。そのような気分で読み進めた最初の本でした。

この本を薦めてくれたのは同級生だったのですが、同級生がどんな気分で私に薦めたのか複雑な思いを抱いたのを覚えています。

 

トリイヘイデンのシリーズは読んでアメリカもなのか!と虐待がどこの国でも起きている事なのだと知りました。

「タイガーと呼ばれた子」では虐待の描写が怖く、こういう子は一生幸せになれないのかもしれない。大人はどうして子供をこのような環境に置くのかつらくなりました。つらくなりすぎて、こういう本とは少し距離を置いていました。

 

「きみはいい子」は全く、どんな内容なのか知らずに表紙の絵がきれいで手に取り図書館で借りてきました。

野田市の虐待死された子のニュースが連日続き、コメンテーターの憤りもわかるのですが、児童相談所の所長さんの記者会見の様子が痛々しく、だれも幸せにならないニュースなのでつらくなっている時期です。

この本、虐待を解決するとか、見つけ出して救うとか劇的なことは起こりません。

でも、ちょっとしたやり取りに救われたり、心配していることを伝える大人がいたり、

ほんと身近な人間関係を切り取ったように見えました。

 

虐待っていうとすごくつらい経験をして悲しいおもいをして過ごしている子供たちだと思う。

でも、虐待している親もわかっているけどやめられなかったり苦悩していたり。それをおかしいと思っている人もどう介入していいかわからなかったり。

 

私は、テレビのコメンテーターなどが

救える命だったのにとか

虐待をしていた親を人間じゃない

ように報道したり、わかっていても救いの手を出せなかった人たちを批判していく人たちがどうしても好きになれません。

彼らが言っていることはすごく真っ当だし。正しいことはわかる。

でも批判すること、正しいことを言うことはとても簡単なんです。

でも、そんなのわかっているけど正しいことができない環境もあったりする。

児童相談所の落ち度はほんとにありすぎてあきれるほどですけど、そこを叩きつづけても亡くなった命は帰ってきません。

虐待をする人が鬼畜のように報道されますが、でも、この本は、虐待と思えるようなことはどこでもある可能性があって、どの人も自分の子供に暴力を振るう可能性があること。よいことではないけど、特別なことではなく、すごく身近にあるのだということを静かに教えてくれたように思いました。

バレンタイン

今週のお題「わたしとバレンタインデー」

 

小学生の低学年は

異性にチョコをあげることに夢中になり

好きだという感覚で上げていたわけではありません。

 

板チョコを買ってきて、刻んで、型に流す。

 

それを立派な料理だと思っていました。

私には同じ年のいとこがいます。

そのいとこは可愛くって、頭もよく快活で

親戚の集まりでは彼女にスポットライトが集まっているように見えていました。

 

じいちゃんと、おじさんにチョコを渡しに母の実家に行ったとき。

いとこはとてもかわいくラッピングしていて、かわいいチョコでした。

一方で

私は、ラッピングするという手段をわかっていませんでした。

アルミホイルに包まれた型に流して作ったチョコレートを渡す私。

 

「げ、、、渡したくない」

そんな私の気持ちをわかっていない母が、「あんたも渡さんね」といい、しぶしぶ渡します。

「なにそれー!!」いとこのたぶんあまり何も考えず、放ったセリフが私の心に突き刺さります。

 

号泣。。。

あとから、あんたのが一番おいしいって言ってたよ。

と慰めの言葉をかけてくれていましたが、

今考えても、ただの何も手を加えていない形を変えただけのチョコレート。おいしいに決まっています。

 

私の人生はいつもこんな感じです。

 

じいちゃんは、私が、そういう引け目を感じていると分かってくれていたんだと思います。

孫の中で私が一番かわいい。と

言ってくれていました。

私の父は、船に乗っており1年に1か月ほどまとめて帰ってくる人でした。

そのため、参観日などの学校行事にできるだけ参加してくれたじいちゃん。

そうして、かわいがってくれていたじいちゃんに愛情表現がへたくそな私はいとこのように甘えることが出来ず、少し距離を置きながら過ごせていたように思います。

 

もう少し、上手に甘えられる性格だとかわいがられただろうに。

 

もう、自分が作ったお菓子を人に食べさせることは皆無です。

買ったチョコレートやお菓子がおいしいし。

 

そう思っていましたが、私は無職。

今年はつくるしかないのか。。。

f:id:isogaba:20190214225705j:image

ほしいものはなんですか?

f:id:isogaba:20190207194504j:image

 

益田ミリさん、好きなんです。

今回

全編漫画なのですが、

心にグサってくるんです。

 

f:id:isogaba:20190207212813j:image

 

こちらの本の中で

「互いに尊敬しあうことからでしか

人は

信頼し合えないのです」

 

 

「自分ができないことを知っていて

人が出来ることを尊敬できる心

そういう単純なことが

実はとても仕事をするうえで

大切だったりするのではないか」

 

という言葉がぐさりとつきささりました。

私が、そのうち

仕事をしたいと思ったら、もう1回読み返そう。

今度は図書館ではなく購入しようと思いました。

 

 

 

 

 

ぽっかぽか

 

 

f:id:isogaba:20190212145311j:image

 無職になって時間がある。

家族もそう思っており、今まで頼まれなかったことも当たり前のように頼まれる。

頼まれるときに「時間あるでしょ?」みたいな扱いを受ける。

 

朝からホルモンバランスの関係かイライラしていた。

最近、排卵前や生理前にほんとにイライラして、「命の母」を内服開始した方がいいのか?

でも妊活に影響したくないというのもあって踏み切れずにいる。

 

朝、夫から頼まれごとをしてすごい勢いで断った。

そして『家政婦じゃない!!』って怒った。

かなり些細な頼みごとだったのにここまで言わないと気持ちが済まなかった。

 

言ってしばらくして、反省し謝ったが、「もういい」と言われそのまま出勤された。

 

もやもやもやもや。。。。

一人で図書館に行った。図書館で本を借りた後、いつも1冊漫画を読んで帰ってくるようにしている。

 

本棚で「ぽっかぽか」という漫画を見つけた。

20歳代のころこの「深見じゅん」さんの「悪女」という漫画にはまり読み込んでいた時期がある。

その時に、同じ作者の作品として手に取った。

独身だった私は、「こんな家族になりたい、作りたい」と彼氏もいないのに静かに憧れていた。

うつうつモヤモヤしている私は、最終巻の7巻を読んで、図書館で号泣!!!

独身の時とは違った感覚を得られ、自分の家族への接し方に反省。。。

 

ゆっくり読もうと1巻から借りてきました。

 

 

ちなみに夫とのかなり些細な頼みごと

とは、

 

夫の会社は古い建物で暖房が効きにくい。連休の後は建物が冷え切っており午前中まで震えながら仕事をしているそうだ。

始業前に早く来て暖房をつけていると消して回る変人がいるらしい。だれも節約なんか言わないのに。

それで、充電式の湯たんぽやヒートテックなど購入しているが、昨日も記載した通り東北は寒い。

目ざましテレビ等で 「東京は最低気温が5度!!」みたいなことを言ってさむいさむい言っておるが、5度あれば暖かいんじゃ!!って感じである。

 

会社に到着後、しばらく車の中の暖房をガンガンかけて体を温めていると聞いて、

 

ガソリン高いから、車で暖を取るのはやめてよって言っていたら「ガソリン少なくなったから今日入れといて」と言われたのだ。

 

ほんと恥ずかしい。

夫婦喧嘩は犬もくわない。

ぽっかぽかの奥さんはそんなことでは怒らない。

 

寒い

私は九州出身。

幼い時は雪を見たことがほとんどなかった。

小学校2年の時、学校にいて昼間にほんとにパラリと雪が降った。

ほんの一瞬。

授業をやめたのか休み時間だったのか覚えてないがみんなで外に出て空を眺めた記憶がある。

ほんの一瞬。

 

小学五年の時、お正月を福島で過ごすことになった。

福島は東北だからとすごい楽しみに行った。

いわき市に行ったのだが、雪がなかった。

タクシーのおじちゃんに雪がないことを訴えたら太平洋側なのであんまり降らないんだと言われびっくりした。

そして福島まで行ってハワイアンセンターへ行って泳いだ。

 

就職して関東へ移住し初めて積雪を踏んだ。

夜勤帰りに寮まで徒歩で帰宅中だった。

ほんとに片栗粉を踏んでいるような感触で興奮した。

 

眠いのに、雪を触り小さな雪だるまを作った。簡単に出来ず、難しかった。

 

東京での雪は降るたびに交通マヒになりほんと辛いことばかりだった。

積雪して山の途中にあった保育園に仕事帰りに徒歩で迎えに行き、やっと歩けるようになった息子と自宅に帰った。

最初は喜んでいた息子だったが、靴の中に雪が入りびっしょり濡れて寒くなった。

2人で泣きながらの道中だった。

 

 

東北で暮らすようになり雪を見ても興奮しなくなった。

寒いだけでほんと迷惑な存在。

でも、東北の人は慣れているから東京みたいにパニックにならない。さすがだ。

 

冬は冬眠したいと思っていましたが、無職になった今。

こたつに首まで入り念願の冬眠に入っています。

 

この時期にサッカーをやる息子を尊敬する。

あんなに寒いって泣きながら帰った息子は、雪が降っても動じなくなった。

 

サッカーって雨でも雪でもするんですよね。

見てる保護者は動いていないので寒いんですよ。

全身に力を入れて見てるもんだから、終わったらぐったり。

みんなぐったりで早寝早起きの週末になります。

f:id:isogaba:20190211085755j:image

 

 

トレース 科捜研の男の子

一度見たんですが、船越さん

濃くないですか?

 

2時間ドラマの主演では気にならなかった熱さ。

違和感。

 

 

船越さんが怒って熱く話してる時に

突っ込みたくなる私がいて。

集中できないの。

 

嫌いじゃないのよ?

あのドラマで違和感感じて。

 

あんなに熱いと持たないと思うんだよな。

 

NHKでは穏やかにしゃべってるのにな。