りんごごりららっきょう

思っていること、昔の思い出

子供のスポーツ

うちの子はサッカーを習っているが弱小チームだ。

所属チームはほんの何年か前までかなり強く、出場大会のほとんどは優勝が当たり前だった。

それの優勝旗を全て返還して周り、今はビリ争いをしている。

保管している優勝旗は一つもなくなった。

 

とっても弱いのにコーチは試合中、響き渡る怒号を飛ばしている。

いい加減気づいて欲しい。

怒号を送ったところでチームは強くはならないことを。

多分

自分の指導方法に疑問を抱いてないから気づかないだろう。

 

 

そして、近くに強豪チームがいる。

そこのコーチも試合中、かなり怒号を飛ばしている。

そのチームが勝った後、選手を集めてコーチが怒っている。

勝ったからっていい気になるなよ!

気持ちでは負けていた試合だからな!

 

勝っても怒られる。

怒号を飛ばされても勝つだけまだマシなんじゃないかと思う。

 

うちは、勝つことがほとんどない。

 

自分のチームとそのチームを見ているとホント思うのだ。

どちらも同じような否定的な怒号を飛ばしている。

 

 

子供は何が楽しくてサッカーをしているのだろう?

お前のせいで点数が入ったんだぞ!

と休憩中も怒鳴られる。

泣いている。

気分の切り替えなんて短時間で出来ず、涙を流して後半に臨む。

頑張れるのは、なんでだろう。

 

うちの子は、それでも、サッカーが好きだという。

コーチの悪口を言わない。

 

勝ちたいという。

上手くなりたいという。

 

そんな風に純粋にスポーツに向き合っている子のやる気は、いつか削がれてしまうのだろうか。

 

頑張って勝っても、

勝って当たり前と言われるチームの子。

負けたら負けたのはお前のせいだと罵られる子。

 

小さなことに喜びを見出せるようになって欲しいけど。

 

親は見守ってください!

と言われる。

しゃしゃり出るもんじゃないと思っているけど。

そういう理不尽な仕打ちを勉強しに行ってるんだと思うようにするしかないのか。

でも、ほんと切なくなる。

 

f:id:isogaba:20190725185003j:image

 

 

テスト三昧

無職になってから、

追い込まれることをしてなった。

 

放送大学の単位をできるだけたくさん取ろうと

今回8教科とることにした。

 

その中で統計学があったのだが、

テキストを開くたびに目が潰れてしまっていた。

昨日テストがあったのだが、

絶対にヤバいのに。

ヤバいってわかってるのに頑張らず。

頑張らずにテストを迎えた。

40問中、確実にわかった問題はまさかの2問。

 

昔の可愛い私だったら焦って徹夜で勉強もあっただろうな。

なのに、面の皮が分厚くなったというか、

どんと構えるようになったというか、

ケセラセラというか。。。

 

そんな感じで試験を受け取ります、

 

でも。ほんとハードなんだよなあ。

朝、ラジオ体操に参加。

参加するために子供に朝食をいつもより早く食わせ。

ラジオ体操の後に地区の球技大会の練習もあるのよ。

ヘトヘトの状態で慌てて試験会場に着く。

着いたら、現実逃避のよう

に眠気が襲う。

 

 

危険だわ。

 

f:id:isogaba:20190725095256j:image

 

心理学、もっと早くに出会いたかった。

放送大学の試験中。

人生のもっと早いうちに勉強してたらなあ。

 

 

私、もう

焦んないんだよね。

学生の時みたいに、焦って勉強しないんだよね。

 

年取ったなあ。

f:id:isogaba:20190724130241j:image

 

役員奮闘中③

学校の体育館にお泊まりをするという行事があった。

21時から就寝の準備を始め、22時には体育館に簡単な布団を引いて消灯した。

簡単な布団は、個人判断で。

寝袋の子が多かった。

親は、長座布団みたいなものを持ってきてる人もいれば、本当の布団を敷いている人もいた。

 

私の寝具も、固い体育館の床では薄く、痛く、こりゃ〜寝られないなと諦めた。

しかし、疲れていたのか、就寝すぐに爆睡した。

起きたのは23:30ごろだった。

 

子供たちが起きていて気は遣っているが、体育館を動き回っていたのだ。

その動き回る足音で起こされたのだった。

短時間だが、熟睡してしまった私はもう、眠れなかった。

寝ようと思っても、足音が響いて眠れないのだ。

イライラする。

もう、寝るのを諦め

暗闇の中で子供たちの様子を見ている。

注意しようかなんども悩むが、私が注意したことでの今後の子供の学校生活を考えるとブレーキを踏んでしまう。

 

アクセルを踏もうか悩みながら観察していると、動いているのはほとんど女子なのだ。

そして、男子の近くまで行き、懐中電灯などの光で起こしている。

 

何度も、小声で担任の先生が注意しているが、

湧き上がる女子の小走りは、

暗闇でみていると、ウォーキングデッドのゾンビのようだった。

 

今回の体験で、得られたことは

防災云々よりも、

子供たちは夜中に眠れないほど気分が高まっていること。

体育館では、良眠なんてとれないということ。

避難所として使用されている光景をよく見るが休養には絶対に適していないこと。

 

学校の先生は大変だということ。

先生はほとんど寝ていなかった。

 

次の日も朝早くからハイテンションの子供は5:30には覚醒しており

疲れを知らないゾンビさながらであった。

 

久しぶりにウォーキングデッドを見返そうかと思うほど、暗闇でタオルケットを被って動き回る女子に恐怖を感じた。

 

f:id:isogaba:20190720061029j:image

 

 

ゲボが出るほど食べてしまう

ゲボとは、嘔吐。

出てはいない。

 

もう無理っていうくらい食べてしまう。

生理前だからだろう。^_^

 

写真を撮ったら、すんごい横幅。

 

本格的にダイエットと向き合わないと膝が悪いの悪化しちゃう。

 

富士山前に体重が減らない!

 

 

ある友達がすごく泣いている夢を見たとき

気になって気になって仕方なかったから、

ラインしてみた。

もちろん、夢に見て気になったからなんて言えない。

げんき?

くらいの感じで。

 

そうすると、実は、父親が癌になって…

という話になった。

同じ友人だが、また、別の時に、彼女がすごく怒っている夢を見て

同じように近況を聞くと、

夫と離婚の危機になるくらいの大げんかをしたとのこと。

 

その友人とは離れた場所で暮らしているのでもう何年も会っていない。

ラインも頻繁にするわけじゃないけど、

そういうのがきっかけで近況を報告し合うのでもいいんじゃないかと思っている。

 

昨晩、以前の上司が夢に出てきた。

あんまり、いい感じではなかった。

なんだか、すごく困っているようなそんな夢だった。

 

その上司は、前の職場では、それなりに信頼が置ける人だった。

 

すご〜く悩んだ上

久々にラインで近況報告をしてみた。

バイタリティ溢れる人なのだが、その方からの返答は、

最近、落ち込んでいた、

とのことだった。

 

偶然だとは思うけど、

そんな夢くらいがきっかけにならない限り、

わたしからその上司に

連絡を取ることはなかったと思う。

 

 

以前、とっても辛い出来事があり毎日落ち込んだ日々を過ごしていたとき、

死んだじいちゃんが夢に出てきて

 

なーんも変わらん。

と話してくれた。

 

なーんも変わらんことはない!

現にこうして落ち込んでるじゃないかと

起きてからすごく納得できなかったが、今振り返ると

 

なーんも変わらんかったし

大したことでもなかった。

 

って思える。

 

 

f:id:isogaba:20190717114211j:image

 

最近、図書館で放送大学の試験に向けて勉強している。

やはり家にいるより集中できる。

 

ブドウ糖、多分取る必要ないくらいの、蓄えがあるが、勉強するときの気晴らし。